カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様のコメント サイトマップ
RSS
バレエギフト
新作!続々登場予定!
バレエクッキー
5のつく日イベント

バレエフラワーギフトを含む54〇〇円以上ご購入の方が対象者です。

椿姫

バレエ作品のあらすじ

バレエで上演される物語、どれも有名でご存知の方も多いと思いますが、あらためてご紹介いたします。
「椿姫」は1963年 英国ロイヤルバレエ団で初演されました。
原作は、アレクサンドル・デユマ・フィス

劇場にバレエ【マノン】を観に来ていた美青年アルマンは、紳士たちに囲まれた美貌のマルグリットに出会い一目ぼれをする。
マルグリットは【マノン】の主人公の姿に自分の境遇を重ね合わせ、共感を覚える。
アルマンはマルグリットに熱烈に愛を告白するが、最初は相手にされない。
しかし、アルマンの情熱に次第に惹かれていく。
パリの名花マルグリット・ゴーチェは、現在の不健康な生活から逃れるために金持ちのヴァルヴィル男爵をパトロンに持つていた。
毎夜の舞踏会で健康が優れず、男爵にロシア行きを勧められるが、断る。
男爵は一人、ロシアへと旅立つ


アルマンは真情を打明け、空気の清い田園生活を勧めたので、彼女は友にも告げずアルマンと共に田舎へと移った。
彼の愛に抱かれた幸福なマルグリットは、以前の放埒な生活を止め、更生の道を踏もうと決心する。
二人の結婚のためにアルマンは故郷の父に金を無心した。
驚いた父親は彼女の素行を調べて結婚に反対し、アルマンがパリへ出掛けた留守にマルグリットを訪れる。
父親は彼女が心からアルマンを愛していることを知ることとなったが、彼の将来のために身を引くように説得する。
悩んだ末、マルグリットはパリへ戻っていく。
アルマンはマルグリットの裏切りに絶望する。


再び放埒な生活が繰り返されていたマルグリットの病気は日増しに悪化していた。
その後、二人はパリで偶然再会する。
アルマンの元に最後の別れにやってくるが、薄幸のマノンの幻影に悩まされ、アルマンの元を去っていく。
マルグリットはアルマンを慕いつつ永い眠りにつく。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ