カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様のコメント サイトマップ
RSS
バレエギフト
新作!続々登場予定!
バレエクッキー
5のつく日イベント

バレエフラワーギフトを含む54〇〇円以上ご購入の方が対象者です。

ライモンダ

バレエ作品のあらすじ

バレエで上演される物語、どれも有名でご存知の方も多いと思いますが、あらためてご紹介いたします。
【ライモンダ】 は1898年にロシアのマリインスキー劇場で初演されました。
バレエの巨匠マリウス・プパティが手掛けた最後の大作として知られています。登場人物の一部は実在の人物がモデルになっています。

フランスのプロバンス、青い地中海を見渡せる場所に、シビル・ド・ドリス伯爵夫人の白がありました。
ドリス伯爵夫人の姪 ライモンダは婚礼を控え、十字軍遠征に加わっている婚約者ジャン・ド・ブリエンスの帰還を待ちわびています。
使者の知らせで、ブリエンスが凱旋する事を知ったライモンダは、喜びに胸をときめかせます。
ライモンダは庭の奥にある白い貴婦人像の前に行き、彼の無事を願い祈りを捧げます。
一人まどろむライモンダはいつしか眠ってしまいました。
夢の中で、城の守り神である白い貴婦人が現れ、ライモンダをジャンと引き合わせます。
突然、異国の騎士が立ちはだかり、甘い夢は消えます。


シビル・ド・ドリス伯爵の城では、新たな宴の用意のため、大勢の人で賑わっています。
その時、異国の騎士アブデラーマンがライモンダに結婚を申し込みに来ます。
贅沢な金銀財宝を贈り物として捧げますが、ライモンダは宝物など少しもほしくありません。
彼女が愛しているのはジャン一人だったからです。
ライモンダの為にアブデラーマンの勢力下にあるアラビア、スペイン等の各国の踊りが次々と繰り広げられます。
宴もたけなわ、にぎわいに乗じて、アブデラーマンがライモンダを連れ去ろうとしたところ、ジャンが帰ってきます。
十字軍遠征の総帥、ハンガリー国王のとりなしで、1対1の決闘をすることになりました。
ジャンが勝利し、ライモンダとジャンは手を取りあて無事を喜びます。

伯爵夫人の城で、ハンガリ国王の隣席のもと、ライモンダとジャンの結婚式が盛大に催されました。
ハンガリーのチャルダッシュやポーランドのマズルカが、華やかに繰り広げられ、ライモンダとジャンは人々の祝福をうけ、幸せになりました。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ