カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様のコメント サイトマップ
RSS
バレエギフト
新作!続々登場予定!
バレエクッキー
5のつく日イベント

バレエフラワーギフトを含む54〇〇円以上ご購入の方が対象者です。

【リーズの結婚】 またの名を【ラ・フィーユ・マル・ガルデ】

バレエ作品のあらすじ

バレエで上演される物語、どれも有名でご存知の方も多いと思いますが、あらためてご紹介いたします。
【リーズの結婚】 は1789年 ボルダーで初演されました。フランス革命前夜に生まれたこのバレエ
またの名を【ラ・フィーユ・マル・ガルデ】とも呼ばれています。
現在まで伝わる全幕バレエの中でもっとも古いと言われている作品です。

           
農場の娘リーズは母親のシモーヌと2人暮らしです。
リーズの父親が亡くなってからシモーヌは一人で大勢の農夫を抱える農場をきりもりしています。
リーズにはコーラスという恋人がいますが、シモーヌはリーズを大金持ちのトーマスの息子アランと結婚させようと思っています。
トーマスの息子のアランは性格は温厚であるもののちょっと冴えない若者で、リーズにいいところを見せようと一生懸命に自己アピールをしますが、からまわり。
結局は皆の笑いものにされてしまいます。
そこへ トーマスやシモーヌが現れて騒ぎが大きくなるが、その時、突然の嵐がやって来て皆は退散します。


アランと結婚させたいシモーヌは、リーズを外出禁止にし、コーラスと会わせないようにします
そこへ刈りいれた麦の束を持って農園の若者たちがやってきます。
シモーヌは若者たちに、1杯奢るため 家に鍵をかけて出かけました。
すると 収穫した麦の束に身を隠していたコーラスが出てきます。
リーズとコーラスは改めて2人の愛を誓い合います。
そこへシモーヌが帰ってきて、嫌がるリーズを花嫁衣装に着替えさます。
一方で親たちによってリーズとアランの結婚
手続きが進められます。

アランはシモーヌにリーズの寝室のカギを渡され、喜んで階段を駆け上がります。
アランが勢いよくドアを開けると、花嫁衣裳に着替えたリーズとコーラスがいっしょに飛び出してきました。
2人はシモーヌの前で手を合わせ、結婚の許しを得ようとします。
シモーヌは2人の熱意に負けて、リーズとコーラスの結婚を許します。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ