カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様のコメント サイトマップ
RSS
バレエギフト
新作!続々登場予定!
バレエクッキー
5のつく日イベント

バレエフラワーギフトを含む54〇〇円以上ご購入の方が対象者です。

ラ・シルフィード

バレエ作品のあらすじ

バレエで上演される物語、どれも有名でご存知の方も多いと思いますが、あらためてご紹介いたします。
ラ・シルフィードは19世紀ロマンティックバレエの記念碑的作品。
バレエといえば、トゥシューズで爪先で立って踊るバレリーナの姿。このイメージを一気に広めたのが、1832年パリオペラ座で初演されたこの作品です。

           
スコットランドの農村にジェームスという若者が住んでいました。
ある日、暖炉のそばでうとうととしていると、ジェームスに思いを寄せる(空気の妖精)シルフィールドが彼を見つめています。
目が覚めたジェームスは、妖精の愛らしさに心を奪われます。
彼は手を伸ばそうとしたとたん、彼女は煙のように消えてしまいました。
今日は、エフィとの結婚式だというのに、ジェームスが考えるのは妖精の事ばかり。
一方、ジェームスの友人ガーンは、エフィをひそかに愛していました。

宴もたけなわというときになって、ボロボロの服をまとい 腰の曲がった魔法使いマッジが現れました。
マッジは手相をみてエフィは、ジェームスと結ばれず、エフィを幸せにできるのはガーンだと予言しました。
怒ったジェームスはマッジを家から追い出します。

広間では、祝宴が華やかに繰り広げられています。
昔からジェームスの事が好きだったエフィは、幸せそうです。
結婚指輪を渡す前にとびきりのダンスをみせておくれと友人たちに言われ、二人は踊り始めます。
その時、妖精がジェームスの目の前を横切りました。
そしてジェームスの指輪を奪って飛んでいきます。
ジェームスも後を追います。
「ジェームス どこへ行くの」と叫ぶエフィの声も届かないかのように、ジェームスの後ろ姿は小さくなって行きました。
悲嘆にくれるエフィに、ガーンが求婚します。

森の奥では、魔法使いのマッジが仲間たちと一緒に大窯を煮立てて、怪しい呪文を唱えています。
やがて一枚のスカーフをマッジは窯から取り出しました。

妖精を追ってジェームスは森にやってきます。
妖精は仲間たちと宙を飛び、ジェームスが捕まえようとしても手からすり抜けてしまいます。
なんとか、妖精を自分のものにしたいと思うジェームスの前に マッジが現れ、魔法のスカーフを渡します。
スカーフに魅了された妖精は、スカーフを取ろうとしてジェームスを追いかけます。
ジェームスが妖精にスカーフをかけた途端、背中の羽が抜け落ち、みるみる青ざめて行きました。
そしてジェームスの腕の中で、はかなく息を引き取りました。
ジェームスは頭を抱えて悲しみにくれました。
そこへマッジの笑い声が響きわたりました
つかみかかろうとするジェームスにマッジは、エフィとガーンの結婚式の行列が通るのを知らせます。

森の中でどれほどの時間が経ったのでしょう。エフィは行方知らずの婚約者をあきらめ、誠実なガーンを夫に選んだに違いありません。
何もかも失ったジェームスは絶望して地面に崩れ落ちます。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ