カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様のコメント サイトマップ
RSS

くるみ割り人形

くるみ割り人形白鳥の湖眠りの森の姫
ドン・キホーテジゼル火の鳥
ラ・シュルフィードペトルーシュカリーズの結婚
コッペリア海賊ラ・バヤデール
ライモンダパキータオネーギン
マノンノートルダム・ド・パリカルメン
椿姫

バレエ作品のあらすじ

バレエで上演される物語、どれも有名でご存知の方も多いと思いますが、あらためてご紹介いたします。
くるみ割り人形はチャイコフスキーの3大バレエ【白鳥の湖や眠れる森の美女】のひとつとして
とっても有名です。

くるみ割り人形のあらすじ
クリスマス・イヴの夜。ドイツのシュタールバウム家の大広間ではパーティーが行われている。
美しくクリスマスの飾り付けをされた居間に次々と招待客がやってくる。
そこへ人形使いのドロッセルマイヤーが現れ、子供達に人形劇や手品を見せ、子供達を驚かす。
人形のアルルカン、コロンビーヌ、アラビア人はエキゾティックなダンスを披露する。
もっと見たいとせがむクララにドロッセルマイヤーはくるみ割り人形をプレゼントする。
ところが取り合いになり兄のフリッツが壊してしまったので、ドロッセルマイが修理をする。
やがてパーティーは終わり、夜も更けた頃、置き忘れたくるみ割り人形を取りにクララが居間へやってくると、ちょうど時計が12時の鐘を打つ。
鐘が鳴り終わると不思議なことにクリスマスツリーが巨大なツリーになり、
クララの体は人形ほどの大きさになってしまう。
そこへ ねずみの大軍が押し寄せてきた。ねずみ軍と戦うおもちゃの兵隊達とくるみ割り人形。
大好きなくるみ割り人形を助けるためにクララはねずみの王様に向かってスリッパを投げつける。
そのおかげで戦いは終わり、ねずみ軍は敗退。倒れていたくるみ割り人形が顔を上げると、
なんと美しい王子様へと変わっていた。

お菓子の国の魔法の城に到着した王子は女王こんぺい糖の精にクララを紹介し、
歓迎の宴が繰り広げられるのだった
2人を歓迎する様々な踊りが踊られる。
・金平糖の精と王子のグラン・パ・ド・ドゥ

踊りが終わると、そこはもとの居間だった。
クララはそこで眠り込んでいたのだ。
目が覚めるとそこにはドロッセルマイヤーからもらった醜いくるみ割り人形があった
夢を見ていたのだ。
クララは今まで見ていた冒険と美しいおとぎの国の世界を胸に、くるみ割り人形を抱きしめる。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ